木と共に時を刻む居心地の良い住まい
優しい「木」の心とふれあえる家づくり
表紙へ戻る

【木との歴史】
磯崎工務店の歴史は、木と共に歩んできた歴史です。初代伊左衛門が大工として道具を握ってから150年、木に魅せられ、木と語りながら技術と情熱を伝え、受け継いでまいりました。時代が変われどもその心は変わることなく、木と人との関わりを常に考え、住宅のあるべき姿を追い続けています。現在五代目となりました磯崎 進が志を受け継ぎ、新しい時代に合う“木の家”を創造しております。

家は大工が造るものではなく、そこに住まわれる方が造る物だと考えています。人それぞれにライフスタイルが違いますし、家に対する思いもさまざまですから。ただ、私たちは良くお話を伺い、その方のライフスタイルを考え、木を通じて家造りのお手伝いをさせていただきます。ただ、材料に関しての妥協は致しません。といっても高級な部材を使った家が良い家だとは言えません。その家、部屋、住む方、ご予算に合った部材を探すために日本中を走ることもあります。家は長い間共に暮らすパートナーです。住んでいて違和感のない、安らげる空間でなければなりませんから。
五代目 磯崎 進 (1944年生)
匠工房
有限会社 磯崎工務店
神奈川県南足柄市沼田154−4
TEL&FAX.0465-74-2804
Copyright(C) 2009 IsozakiKoumiten. All Rights Reserved